« エンタの神様 ムーディー勝山 | トップページ | 花ざかりの君たちへ 突然のベットイン »

仮面ライダー電王 ツキすぎ、ノリすぎ、変わりすぎ

「やってくれるじゃねぇか、久々に燃えてきたぜぃ!」

牙王:「俺は全然だ、もっと楽しませられないのか?」

「見た目通りのでかい口だなぁ!こんの野郎!」

デンライナーでは、お祭り!

「あぁいう事だったんだ!やっと解った。侑斗が良太郎を

なんっども過去に連れてった理由・・・」

「うん・・・

牙王と戦う為だったんだ。全然覚えてなかったからびっくりしたけど・・・」

「びっくりで済めば、いいですけどね!イマジンとの繋がりは

案外、デリケートですから・・・ああいう無茶は、あまり良い事では・・・

これは時間との勝負、新たなステージが・・・」

「なぁに言ってんだ?おっさん!

よし、もいっぺんだ!」

「あぁ~!忘れてた、宝石泥棒の事!侑斗が言ってたんだけど

もう一人のほうにもイマジン憑いてるって・・・」

「あっ!」 「なんだよ!これ(輪投げ)終わってからにしろよ!」

あれ?りゅうたが消えかかってる???

「今度はお前の番だ、望みは宝石を取り戻す!だったな?!」

「それが、無理な話なんだなぁ!」 「なに?」 

「あの宝石、あの店にはないんだよ!最初から・・・

俺、加藤さんが隠すの見てたんだ!だから、後でこっそり・・・

二束三文で売っちまったぁ!ふん、それを加藤さんったら

疑いもしないからさぁ!もう、言い出せなくって!ふっふふふっ!

「つまらん話はいい!お前の望みは宝石を取り戻す。

そして私はそれを叶える。それだけだ!いいな!?」 「はい!」

「いぇ~い!

おっとっとぉ~!ナオミちゃぁん!」 「んん?」

「僕、沈んでるみたい!あれ、どんどん沈んでる!」 「なぁんですか、それぇ?」

「うらちゃん、臭い!」 「えぇ?」 うらもきんたも消えかかってる???

ブラッドサッカーイマジンは宝石狙って襲う・・・

「変身!」 「こそ泥と契約する奴は・・・」 「助かった!」

「やっぱり、せっこいこそ泥やなぁ!」 って、男の子は助けないのね!

「好きに言え!私はやる事をやるだけだぁ!」

「退いとき!」 と、戦いだすがプラット・フォームから弾き飛ばされる?!

「はっ?!」 「おぉ~!」

「おい!なにやってんだ、馬鹿ぐま!?」 「解らん、急に・・・」

「とにかく、良太郎一人にしちゃやばいでしょ!って・・・」

「お前、僕に・・・」 うらも弾き飛ばされる!

「なんでぇ?!」 「どう言う事?!」

「おめぇは、何やってんだよ!?俺に任せろ!」

「やる気あんのかぁ?」

「うぉりゃぁ!何だよ、普通に入れるじゃねぇか!」

(ソード・フォーム!)

「くらえ!おっとっとっと!俺、参上!」 って、かっこ悪ぅ!

「なんでや?」 「先輩だけ入れるって・・・」

「だからさぁ、沈んでるんだよぉ~!うぅ~ぅ!」 「おっ!」 「うん?」 「あっ!」

「ハナくそ女、下がってな!」

「へへっ!俺の必殺技、パート5!」

反撃されて、海に落ちちゃった!溺れるぅ~!

「くっそぉ~~~!」 逃げられた!

「えっ、消える?うらたろす達が!?」 「どうやら、そうらしいよ!」

「ジーク君と同じ現象が起きているようです。」 「でも・・・」

「君との繋がりが、切れてるのでしょう!」 「でも・・・

僕、うらたろすたちの事覚えてます。忘れてません!」 「忘れてますよ!

4人の良太郎君が揃って戦ったときの事、君が覚えてるのは

ももたろす君と一緒に戦った事だけ!の筈です。

うらたろす君達は、君が忘れた時間の良太郎君に憑いている状態なんです。

とにかく、無理がありすぎましたねぇ、あれはぁ!

そして・・・ジーク君のような訳には、いかない!残念ながら・・・」 「そんな!」

「まっ!消えるっていうなら、しょうがないよね!」 「えっ?」 

「そやな!じたばたしてもしゃあない!」 「待って!」

「いいじゃねぇか!ここも広くなるってもんだしよ!」 「ちょっと待って!」

「なんでぇ?良太郎は凄くうれしいでしょう!?すんごく楽になるし!」

待っててば!急にそんな事言われても・・・」

「良太郎・・・」 鍛える良太郎・・・

「どぉ?」 コーヒーが苦くてうぇ!ってする侑斗!

「のほ~!侑斗ぉ、大変だぁ!」ひょっとこデネブ! 

「ばか!お前は来るんじゃない!」

「野上のイマジンが?」 ドドン!「うぅん、もう、止められないらしい・・・」 

「で、野上は?」 「野上は!」 鍛えてます!もう、ふらふら・・・

「もういいよ、そんな事したって・・・良太郎!

良太郎のせいじゃないんだから!」

「ハナさん、僕、ももたろす達が憑いてなかったらって思ったこと、あるんだ。

何回も・・・」 「当然だよ!」

「うらたろすのせいで、寝不足になるし

きんたろすが憑くと、体中あざだらけになるし

りゅうたろすなんか、僕をやっつけて車掌になるって・・・

ありえないよ!ももたろすだけで大変だって言うのに・・・」 「良太郎!」

「それでも、皆のいるデンライナーが好きみたいなんだ!」

「うらちゃん!きんちゃん!りゅうちゃん!お待ちどぉさま!」

「好きみたいなんだ、僕!」 うなずくハナちゃん。見守る侑斗!

「特異点に憑いてれば消えないと思ったけど、しょうがないか!

ちゃんと嘘を教えられなくて、ごめんね!良太郎!」

「ほんまやったら、ずっと前に消えとったはずや!

いさしてくれて、おおきに!」

「お姉ちゃんと・・・」 消えるりゅうた 「りゅうたろす!」

「泣けるで!」 消えるきんた 「ふっ!じゃっ!」 消えるうら

「みんな!待って!」 デンライナーに戻ると

「消えたぜ、あいつら!」 良太郎から砂が零れ落ち、掬い上げる。 

「良太郎君に残っていた、うらたろす君達の、カケラ?!みたいなのでしょう。

なにかイメージすれば、形が残るかも・・・」 「うらたろす達の・・・」

一心に思う良ちゃん!砂から出でたるは・・・ケータイ???

「なんだそりゃ!?」 「ずっと繋がっていれたらと思って・・・」

「ふっ!相変わらず、センスねぇなぁ!良太郎・・・」 「ほんと、センスないね!」 

そぉ?良ちゃんらしいよぉ~!ナオミちゃんも、ハナちゃんまでもが泣いてる・・・

「そろそろ過去と繋がってもらうぞ・・・ふふっ!

お前の望んだ宝石だぁ、ほら!全部持ってけ!」

「いや、そんな事いわれましても・・・」 「持ってけ!持ってけ!うはははははっ!」

「はっ!俺が売った宝石だぁ!300円?」 「300円・・・300円・・・契約完了!」

2000.05.20 盗んだ宝石を売ったら1000円って・・・

デンライナーの陰に、又謎の男・・・

良太郎はケータイを大事にしまい

「ももたろす、行くよ!」

「あぁ、二人だけとは、最初に戻ったみてぇだなぁ!」 もも、寂しそう・・・

「変身!」 「俺、参上!」 

「電王、又、コロコロ早代わりでもしてみせるのかぁ?!」

「てめぇにそんな必要はねぇよ!」 「のらくらしやがって・・・」

あら、珍しく劣勢じゃない?

「どうした、電王はもっと強いと聞いていたが?!」

「くっそぉ!どうにもクライマックスにならねぇなぁ!」 「でも、やらなきゃ!」

「そうだな、代わりは呼べねぇからなぁ!」 「そうじゃないよ!」

「えぇ?!」 ケータイを取り出し 「一緒だから・・・うらたろす達も・・・」

「くっそぉ、ほんとに消えちまったのかよ!?」 侑斗が来た!

「ほんとにぃ?!   かめ!くま!ハナタレ小僧!

勝手にいなくなりやがってぇ、このバカ野郎!」

「ももたろす・・・」 なんの曲?ケータイが鳴ってるよ・・・

「なんだ?もしもし?!」 「相変わらず乱暴だなぁ、先輩は・・・」

「うらたろす?」 「かめ!なんでお前!?」 「そんな事いいから

このケータイ、使ってみてよ!」 「お前、どっからかけてんだよ?!」

「いいから、早く!」 「うるぅあぁ!」 「邪魔だ、この野郎!」

「ももたろす、なんだか分んないけどやってみて!」

「やってみてって?!」 とりあえず、下の4つと通話押してみた。

(もも、うら、きん、りゅう!)

「行くよ!」 「一人で寂しいんやろ!」 「戻るけどいい?」

「どうぅあっ!」 って、びびってほんなげるから、偶然、横のボタン押されて

ももって、実は超びびりぃ???

(クライマックス・フォーム!) ケータイからベルトへと伸びてゆき 

「うわっ!どうしたんだよ、えぇ?!」 ケータイがベルトにはまり

「うあぁ、おぉ、おわぁ~!うやぁ~!なんなんだよ、こりゃぁ~!」

青と金と紫の物体が飛び回り、ももの右肩にかめ! 「うわぁぁぁ~~~!」

左肩にくま! 「うえぇ!くま!くまぁ!」

胸にりゅうが・・・ 「おいおい!うえぇ?うえぇ!」

目が左右に開き 「うあぁ!!!皮が剥けたぁ!

お前ら、なんなんだよぉ!?」 お次は、体中が燃えてるぅ!

デンライナーまで燃えてるぅ!!!

「今度は燃えてるぅ!あちっあちっつうの!」

「熱いぃ、です!」 「頑張れ!もも!うら!きん!りゅう!

頑張れぇ~~~!」 驚く、侑斗!

「皆、消えなかったんだ!」 

「そうらしいよ!」 「良太郎、又、世話になるでぇ!」 

「でもこれ、気持ち悪い!」 「バカ野郎!気持ち悪いのはこっちだ!」

「この、こけおどしがぁ!!!」

「泣けるで!」 「僕に釣られてみる?」 「答えは聞いてないけどね!」

「こうなりゃ、やけくそでクライマックスだぁ!」

飛び回ってたのって仮面?目のあたりね!3つが右足に集まるって事は・・・

「行くぜ、行くぜ、行くぜ!」 ライダーキックぅ?!もち、倒し・・・

「やったぜ!」 「やったぁ、やったぁ!」 「小僧、勝手に動くんじゃねぇ!」 

「先輩!やっぱり僕がいなくちゃダメでしょ?!」 

「だから勝手に動くんじゃねぇって、おっ!」 「又、俺と一緒でうれしいやろ!」

「ったくもう!」 「やったぁ、やったぁ!」 「ちょっと、皆、遊ばないの!」

って、スーツアクターの高岩さんも、4役やって、凄いなぁ!

呆れる侑斗! 「侑斗!良かったな!」 「馬鹿馬鹿しいんだよ!」

とか言いながら、笑みが・・・

「かんぱぁ~い!」 「もっかいいっとく?!」 「いえぇ~い!!」  

「どうやら、良太郎君の熱い思いがうらたろす君達を繋ぎとめたようですねぇ!」

「かんぱぁ~い!」

「うるせぇんだよ、てめぇら!折角、せいせいしたと思ってたのによぉ!」

「腐れ縁っちゅうやっちゃなぁ!」 「改めて、これからも宜しく!先輩!」

「どけぇ~!バカやろが!風呂でも入ってくる!」

「ったく、ふざけやがって!  

うぅう!うぅ!おっ?」

「な、な、な、何だお前!こんなとこで泣いてたのかい!?」

「ちょっ!何言ってんのよ?!あんたこそ!」

「ば、バカ言ってんじゃねぇ!   

・・・皆に言っちゃおうっと!」

「待ちなさいよ!」 「ハナくそ女がそこで泣いて・・・」 「もも!」

ハナちゃんパァ~ンチ!窓破って外に・・・

「てめぇら、見てねぇで、助けろ!笑ってんじゃねぇよこの野郎~~~!」

飛んでく、ももぉぉぉ~~~!

今回も、泣けたでぇ!

皆の優しさが・・・お互いを思いあう気持ちに、感動!!!

へっぽこ良太郎が一番強くて優しい・・・

仮面ライダー電王 キャラクターブック01 Book 仮面ライダー電王 キャラクターブック01

著者:朝日新聞社
販売元:朝日新聞社出版局
Amazon.co.jpで詳細を確認する

|

« エンタの神様 ムーディー勝山 | トップページ | 花ざかりの君たちへ 突然のベットイン »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/253933/7506953

この記事へのトラックバック一覧です: 仮面ライダー電王 ツキすぎ、ノリすぎ、変わりすぎ:

» 福田麻由子情報局 [福田麻由子情報局]
女優福田麻由子ちゃんの最新情報、お宝画像、動画など [続きを読む]

受信: 2007年8月12日 (日) 15時10分

» 瀬戸朝香 画像 動画 [瀬戸朝香 画像 動画]
瀬戸朝香 画像 動画 [続きを読む]

受信: 2007年8月12日 (日) 20時06分

« エンタの神様 ムーディー勝山 | トップページ | 花ざかりの君たちへ 突然のベットイン »